3/24/2018

個展のお知らせ

個展のお知らせ

ー植物写生図ー佐藤絹恵展
2018年4月2日(月)~ 4月7日(土)
12:00~19:00(最終日17:00)
巷房画廊
〒191-0032東京都中央区銀座1-9-8奥野ビル3階
T/F:03-3567-8727

***

はっきりと意識して描いていたのは5歳から

絵の世界を見たくて
16歳から油絵科を目指し
絵の具に慣れるため
高校が終わり片道1時間半かけて
夜間の絵の予備校に通い
木炭にまみれ、オイルにまみれ
全然描けなくて・・・

でも楽しくて

浪人時代も1日8時間以上3年間描いても
描けなくて

でもなんとか大学に入れて

やっぱり描けなくて

油絵の勉強そして技術を学びに

奨学金を得てオランダに渡り

フェルメールの時代の技法を

素晴らしく美しい絵を描く
画家オラフ先生から学び

ようやく手ごたえを得ました

しかし

描くテーマとしたのは植物画

植物画は水彩で描く人がほとんど

また1からスタートです・・・

水彩に慣れるのに10年必要でした

油絵時代にやってきたことが

全く役に立っていない

ゼロからのスタートに

あの懸けてきた時間は何だったんだ

と何度も思いました

でも今

点と点がつながっている

画材の違いや描く意味の違いも超えて

つながってる

そういう手ごたえを感じています

世の中の評価とは別の

自分だけの手ごたえです

空をつかむようなそんな瞬間の今に

どきどきする
















0 件のコメント:

コメントを投稿