4/02/2016

フェルメールとレンブラント展



3月31日最終日

森ビル(六本木)のフェルメールとレンブラント展に行ってまいりました

フランドル絵画(オランダ・ベルギ‐地方の絵画)

 17世紀頃

カトリックからプロテスタントに代わり 

フランドル地方は

素朴な風景画や静物画

肖像画が栄えました

レンブラントの肖像画は

王族ばかりではなく
 
その時代の富裕層などの庶民たちの肖像画が多いのです

フェルメールも

人々の暮らしを描いています

 私のお気に入りの場所

森ビル(六本木)からほど近く
 
静かにお茶ができます

「 国際文化会館 」(旧岩崎邸の庭園)

旧岩崎邸の庭園にてゆっくり過ごさせていただく

桜もほのかに咲いている



少しばかりの咳と熱で
1週間ほど寝ておりましたが

治って良かった・・・

桜が見れました


京都の造園家「植治」の小川治兵衛さんの作庭

建物は戦争で焼失

戦後

前川国男氏、吉村順三氏、坂倉準三氏ら建築家が

お庭の美観に合うように設計されたようです


美しいものは心やすらぐもの

好きな絵や庭そして建築物に囲まれて

平穏な心がまた戻ってきた
 
原点に戻り

絵を描く準備を始めよう
 


 

0 件のコメント:

コメントを投稿